TOP - REPORT - 2021年度 再エネ賦課金単価3.36円/KWに決定
お知らせ
2021.3.26
2021年度 再エネ賦課金単価3.36円/KWに決定

経済産業省は3月24日、2021年度に電気の使用量に応じて需要家が負担する賦課金単価等を決定し公表した。
2021年度の賦課金単価は3.36円/kWh(前年度2.98円/kWh)。買取価格を踏まえて算定した。
1カ月の電力使用量が260kWhの家庭の平均モデルでみると、年額10,476円、月額873円の負担となる。
このモデルの負担額は初めて1万円を突破した。
2021年度の賦課金単価は、2021年5月検針分の電気料金から2022年4月検針分の電気料金まで適用される。

来年度はどれくらい上がるでしょうか?

【経済産業省】
https://www.meti.go.jp/press/2020/03/20210324004/20210324004.html